前半戦を振り返る(8)

ブンデスリーガ2013/14シーズンは2013年12月22日、第17節をもって前半戦が終了(シュトゥットガルト対バイエルンのみ2014年1月29日に延期)。結果はバイエルンがクラブ史上19度目の首位通過を決めた一方、開幕前に第2の優勝候補と目されたドルトムントは、離脱者の続出に悩まされ4位にとどまっている。日本人所属のクラブに関しては細貝のヘルタが6位と、内田のシャルケを抑えてトップに立った。以下、今季前半戦で最も印象的だった10のトピックをシリーズで紹介する。

史上最年少で1試合2得点を達成


まさかこんなにも早く夢が叶うとは、本人も思っていなかっただろう。シュトゥットガルトのFWは17歳にして今季の第4節ホッフェンハイム戦でブンデスリーガデビューを果たすと、その後もコンスタントに出場を続け、第12節フライブルク戦では2得点。マルチ得点の最年少記録を更新するとともに、ドイツ中にその名を知らしめた。

ウェアナーは前半戦を通して延べ14試合に出場し、4得点4アシストという好成績でしっかりと期待に応えた。シュナイダー監督からの信頼はすでに揺るがぬものとなっている。シュトゥットガルトにはウェアナーの他にも前途有望な選手が多い。レアル・マドリード(スペイン)に所属するサミ・ケディラを兄に持つ19歳のMFはその1人だ。前半戦では2試合出場にとどまったが、近い将来チームを背負って立つ選手になるに違いない。


最優秀選手得点王争い守護神移籍名将鮮烈デビュー復帰スーパールーキー助っ人トレード