前半戦を振り返る(4)

ブンデスリーガ2013/14シーズンは2013年12月22日、第17節をもって前半戦が終了(シュトゥットガルト対バイエルンのみ2014年1月29日に延期)。結果はバイエルンがクラブ史上19度目の首位通過を決めた一方、開幕前に第2の優勝候補と目されたドルトムントは、離脱者の続出に悩まされ4位にとどまっている。日本人所属のクラブに関しては細貝のヘルタが6位と、内田のシャルケを抑えてトップに立った。以下、今季前半戦で最も印象的だった10のトピックをシリーズで紹介する。

即戦力の新加入選手


各クラブが新たに選手を獲得する際、念頭にあるのはチーム力の向上にほかならない。しかしその願望に反し、必ずしもすべての新加入選手が期待通りの戦力にはなり得ないというのもサッカー界の常識である。そんな中、メンヘングラートバッハは今季開幕前、完璧とも言える補強に成功した。

今季からメンヘングラートバッハでプレーするMF(元デュナモ・キエフ/ウクライナ)とFW(フライブルク)は、驚くべき早さでチームへ溶け込み、前半戦におけるチームの躍進に大きく貢献した。ラファエルの9得点4アシスト、クルーゼの8得点7アシストという成績がその事実を証明している。

ラファエルに関してはヘルタ・ベルリン時代、さらにFCチューリッヒ(スイス)時代にもファーブレ監督の下でプレーした経験がある。今回の適応が早かったのも不思議ではない。だが昨季までフライブルクという小規模クラブでプレーしていたクルーゼが、一回り大きいメンヘングラートバッハでこれだけ活躍すると予想していた人は少ないだろう。クルーゼの移籍は、ブンデスリーガ全体を見回しても今季一番の大当たりともいえる補強となった。


最優秀選手得点王争い守護神移籍名将鮮烈デビュー復帰スーパールーキー助っ人トレード