前半戦を振り返る(1)

ブンデスリーガ2013/14シーズンは2013年12月22日、第17節をもって前半戦が終了(シュトゥットガルト対バイエルンのみ2014年1月29日に延期)。結果はバイエルンがクラブ史上19度目の首位通過を決めた一方、開幕前に第2の優勝候補と目されたドルトムントは、離脱者の続出に悩まされ4位にとどまっている。日本人所属のクラブに関しては細貝のヘルタが6位と、内田のシャルケを抑えてトップに立った。以下、今季前半戦で最も印象的だった10のトピックをシリーズで紹介する。

建設労働者から欧州最優秀選手へ


今季、選手個人で最も注目を集めたのは、やはりバイエルンのMFだろう。リベリはバイエルンの3冠達成に大きく貢献した昨季に引き続き、今季も欧州スーパーカップ、FIFAクラブワールドカップにおけるタイトル獲得の原動力となった。欧州年間最優秀選手、フランスの年間最優秀選手など数々の個人タイトルも獲得しており、1月13日発表のバロンドール受賞にも大きな期待が寄せられている。

リベリにサッカーだけで生計が立てられず、建設現場で副収入を稼いでいた過去があることは、想像することさえ難しい。ブンデスリーガでは今季も6得点9アシストという成績を残し、バイエルンのサイドアタッカーとして揺るがぬ地位を築いている。バイエルンが5つのタイトルを獲得した2013年の栄光は、今後も必ずフランク・リベリの名前とともに語り継がれることだろう。30歳で選手としてのピークを迎えたリベリの躍進はどこまで続くのか。後半戦も目が離せない。


最優秀選手得点王争い守護神移籍名将鮮烈デビュー復帰スーパールーキー助っ人トレード