前半戦を振り返る(6)

ブンデスリーガ2013/14シーズンは2013年12月22日、第17節をもって前半戦が終了(シュトゥットガルト対バイエルンのみ2014年1月29日に延期)。結果はバイエルンがクラブ史上19度目の首位通過を決めた一方、開幕前に第2の優勝候補と目されたドルトムントは、離脱者の続出に悩まされ4位にとどまっている。日本人所属のクラブに関しては細貝のヘルタが6位と、内田のシャルケを抑えてトップに立った。以下、今季前半戦で最も印象的だった10のトピックをシリーズで紹介する。

間違った第一印象


今季ドルトムントに移籍したFWオバメヤンの第一印象は、決して良いものではなかった。彼の持つダイヤモンドが散りばめられたシューズから、高慢で貪欲というイメージが広がってしまったのだ。しかし、すぐにそのイメージは払しょくされる。

ドルトムントが4-0でアウクスブルクを下した昨年8月10日のブンデスリーガ開幕戦、オバメヤンはなんと3得点した。歴史的なデビューを飾り、その後は常に先発したわけではないが、前半戦で6ゴールを決めた。人柄の良さも徐々に知られるようになり、もはや高慢や貪欲といったネガティブなイメージはない。後半戦ではドルトムント上昇のカギを握る選手となるだろう。


最優秀選手得点王争い守護神移籍名将鮮烈デビュー復帰スーパールーキー助っ人トレード