前半戦を振り返る(3)

ブンデスリーガ2013/14シーズンは2013年12月22日、第17節をもって前半戦が終了(シュトゥットガルト対バイエルンのみ2014年1月29日に延期)。結果はバイエルンがクラブ史上19度目の首位通過を決めた一方、開幕前に第2の優勝候補と目されたドルトムントは、離脱者の続出に悩まされ4位にとどまっている。日本人所属のクラブに関しては細貝のヘルタが6位と、内田のシャルケを抑えてトップに立った。以下、今季前半戦で最も印象的だった10のトピックをシリーズで紹介する。

安定感のあるプレー


前半戦終了も押し詰まった頃、専門家の間ではブンデスリーガにおけるゴールキーパーのミスの多さが議論を呼んでいた。GK大国として知られるドイツだが、2013/14シーズン前半戦はそのイメージに反し、各チームでゴールキーパーのミスによる失点が目立ったのだ。その結果、問題となったシーンを検証し、ミスを犯した選手の能力について意見が交わされるということが毎週のように繰り返された。しかしそんな中、の名前だけは話題に上がることがなかった。

その理由はほかでもない、レーバークーゼンの守護神が非の打ち所のないパフォーマンスを見せていたことにある。今季前半戦は自身の過去最高ともいえる活躍ぶりで、特に昨年12月はドルトムント戦で完封するなどチームの大黒柱となった。

前半戦を終えての総失点はわずか16で、5試合で零封に成功している。レーバークーゼンより失点が少ないのは、8失点のバイエルンのみ。21歳と若いレノは、ブンデスリーガではまだ82試合に出場しただけだが、これからの成長に大きく期待できる。後半戦で持ち味の安定したセービングにさらに磨きをかければ、ワールドカップ・ブラジル大会での代表入りも見えてくるかもしれない。


最優秀選手得点王争い守護神移籍名将鮮烈デビュー復帰スーパールーキー助っ人トレード