- © GERARD MALIE/AFP via Getty Images
- © GERARD MALIE/AFP via Getty Images
bundesliga

第10節の注目カード(3):ウニオン対ヘルタ

ブンデスリーガ第10節2日目が11月2日に行われ、ウニオン・ベルリンは本拠でヘルタ・ベルリンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

・ベルリンに拠点を置くクラブ同士がブンデスリーガで対戦するのは、1976/77シーズン以来。その時のカードは、ヘルタ対テニス・ボルシアだった。

・ヘルタは旧西ベルリン、ウニオンは旧東ベルリンに拠点を置く。東西ドイツを分断していた「ベルリンの壁」が崩壊したのは、1989年11月。今からちょうど30年前である。

・ウニオン対ヘルタは、ブンデスリーガ史上919組目の対戦カード。

・ただし当カードは、2010/11シーズンおよび2012/13シーズンにブンデスリーガ2部で行われている。

・同2部での当カード戦績は、両クラブともに1勝1敗2分。

・ヘルタ、タスマニア・ベルリン、テニス・ボルシア、ブラウ・ヴァイス90に続き、ウニオンはベルリンで5番目のブンデスリーガクラブとなった。

・前節ヘルタはホッフェンハイムに、ウニオンはバイエルン・ミュンヘンに、それぞれ1点差で敗れた。

・ウニオンのクリストファー・レンツ、マヌエル・シュミーデバッハ、ロベルト・アンドリヒは、ヘルタの下部組織でプレーした経験がある。

【予想ラインナップ】

ウニオン・ベルリン(3ー4ー3)
ギキエヴィッツ;フリードリヒ、スボティッチ、シュロッターベック;トリンメル、ゲントナー、アンドリヒ、レンツ;イングヴァルトセン、アンデション、ビュルター

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;クリュンター、シュタルク、レキク、ミッテルシュテット;シェルブレッド、グルイッチ;ヴォルフ、ディルロスン、ルケバキオ;イビシェビッチ

※「第10節の注目カード(1):フランクフルト対バイエルン」はこちら
※「第10節の注目カード(2):ブレーメン対フライブルク」はこちら

- 2019 DFL