30/09 6:30 午後
01/10 1:30 午後
01/10 1:30 午後
01/10 1:30 午後
01/10 1:30 午後
01/10 1:30 午後
01/10 4:30 午後
02/10 1:30 午後
02/10 3:30 午後
- © DFL Deutsche Fußball Liga
- © DFL Deutsche Fußball Liga
bundesliga

ブンデスリーガ記録集(1)

whatsappmailcopy-link

1963年のブンデスリーガ創設から半世紀以上が経ち、これまで数多の激闘が繰り広げられるのと同時に、様々なレコードも誕生してきた。本稿ではそんな記録の中からリーグ優勝と選手にまつわるものを、以下に紹介していく。(※2021年12月13日現在のデータ)

<ブンデスリーガ優勝>

・最多優勝:バイエルン・ミュンヘンの30回(ブンデスリーガ創設前にも同クラブは全国リーグを1度制覇)

・最多連続優勝:バイエルン・ミュンヘンの9連覇(2013~2021年)

・最多勝ち点差での優勝:バイエルン・ミュンヘンの25ポイント差(2012/13シーズン、2位はドルトムント

・最速優勝:バイエルン・ミュンヘンが第27節で優勝確定(2013/14シーズン)

・昇格から即リーグ制覇:唯一、カイザースラウテルンが1997/98シーズンに達成

・最多優勝(選手):計10回でトーマス・ミュラーとダヴィド・アラバ

・最多優勝(監督):ウド・ラテックの計8回

- imago/WEREK

<選手、ゴール>

・通算での最多得点:ゲルト・ミュラーの365得点(すべてバイエルンで記録)

・シーズン最多得点:ロベルト・レヴァンドフスキの41得点(2020/21シーズン)

・1試合での最多得点:ディーター・ミュラーの6得点(ケルン所属時、1977年8月のブレーメン戦)

・最年少得点:ユスファ・ムココで16歳28日(ドルトムント、2020年12月18日)

・最年長得点:クラウディオ・ピサロで40歳227日(ブレーメン所属時、2019年5月のライプツィヒ戦)

・外国籍選手の通算最多得点:ロベルト・レヴァンドフスキの293得点

・最多得点王:ゲルト・ミュラーの7回

・ホームでの連続ゴール:ロベルト・レヴァンドフスキの13試合連続(2020/21シーズン、2021/22シーズン)

・アウェーでの連続ゴール:ロベルト・レヴァンドフスキの8試合連続(2020/21シーズン)

・連続ゴール:ゲルト・ミュラーの16試合連続(1969/70シーズン)

・最多マルチ得点:ゲルト・ミュラーの87試合(そのうちハットトリックは32試合、4得点は10試合、5得点は4試合、残りは2得点)

・1シーズンの最多マルチ得点:ゲルト・ミュラーの12試合(1971/72シーズン)

・最長連続マルチ得点:トミスラフ・マリッチ(ヴォルフスブルク所属時)とローター・エメリッヒ(ドルトムント所属時)の4試合連続

・最速5得点:ロベルト・レヴァンドフスキが9分間で達成(バイエルン所属時、2015年9月のヴォルフスブルク戦)

・キックオフからの最速得点:カリム・ベララビ(レーバークーゼン所属時、2014年8月のドルトムント戦)とケヴィン・フォラント(ホッフェンハイム所属時、2015年8月のバイエルン戦)が開始9秒でゴール

・最長距離からの得点:モーリッツ・シュトッペルカンプの83m(パーダーボルン所属時、2014年9月のハノーファー戦)

・通算最多ジョーカーゴール:ニルス・ペーターゼンの30得点

・1シーズンでの最多ジョーカーゴール:パコ・アルカセルの12得点(2018/19シーズン)

・連続得点(年):クラウディオ・ピサロの21年連続(1999~2019年)

・開幕からの連続得点:ロベルト・レヴァンドフスキの11試合連続(2019/20シーズン)

- imago/WEREK

<選手、その他>

・1シーズンの最多アシスト:トーマス・ミュラーの21アシスト(2019/20シーズン)

・最多出場:カールハインツ・ケルベルの602試合

・外国籍選手の最多出場:クラウディオ・ピサロの490試合

・最年少出場:ユスファ・ムココの16歳1日(ドルトムント

・最年長出場:クラウス・フィヒテルの43歳184日(シャルケ所属時)

・GKの最多無失点試合:マヌエル・ノイアーの207試合

・最多退場:イェンス・ノヴォトニーとルイス・グスタヴォの8回(ノヴォトニーは一発レッド5回とイエロー2枚での退場が3回、グスタヴォは一発レッド1回とイエロー2枚での退場が7回)

・キックオフからの最速退場:ユセフ・モハマドの開始93秒(ケルン所属時、2010年8月のカイザースラウテルン戦)

・出場時間から見た最速退場:マルセル・ティチュリベロの43秒(フランクフルト所属時、2011年5月ドルトムント戦、交代出場から43秒後にレッドカード)

・通算最多イエローカード:シュテファン・エッフェンベルクの114枚

・1シーズンでの最多イエローカード:クラウス・ジャズラの17枚(パーダーボルン所属時、2019/20シーズン)

・通算最多オウンゴール:マンフレト・カルツとニコルチェ・ノヴェスキの6回

・最速100勝:ハビエル・マルティネスが出場120試合で達成

・最多勝:オリバー・カーンの310勝(カールスルーエで50勝、バイエルンで260勝)

・最多黒星:ベルナルト・ディーツの221敗

・最年長でのリーグ優勝:トニ・シューマッハーの42歳(ドルトムント所属時、1995/96シーズン)

・最年少でのリーグ優勝:ジャマル・ムシアラの17.32歳(バイエルン、2019/20シーズン)

・GKの最長無失点:ティモ・ヒルデブラントの884分間(シュトゥットガルト所属時)

- 2006 Getty Images