bundesliga

国外からの新戦力、この若手に注目!

近年では、国外からも多くの若き才能が自身の成長速度を高めるため、ブンデスリーガへやってくるようになった。本稿では、この夏ドイツでのプレーを開始する5人の若手を紹介していく。(※上部動画は独語、下記本文は日本語訳)

0分00秒~:高みを目指す若き新戦力たち。ブンデスリーガにやってきた、将来を約束された選手たちを紹介していこう。

0分10秒~:パリ・サンジェルマンからレーバークーゼンに加入したムサ・ディアビは、同クラブのオフェンスを強化してくれる存在。左アウトサイドのポジションを好み、スピードにあふれた選手だ。

0分30秒~:ディアビ「クラブのみんなに温かく迎え入れてもらえました。今のところはすべてが順調です。良い仕事をするための環境が整ったクラブだと思います」

0分40秒~:この夏20歳になったばかりのディアビは、すでにリーグアンでも名の知れた存在だった。

0分50秒~:ディアビ「ブンデスリーガでもその他の大会でも、チームを助けるためにできるだけ試合に出たいです。そしてもちろん可能な限り、勝利を収めたいですね」

1分00秒~:ようこそボルシアMGへ。この選手も同様に、リーグアンからブンデスリーガへプレーの場を移した。彼の名はマルクス・テュラム。192cmの屈強な肉体を持つ危険なFWだ。

1分18秒~:テュラム「成長するために早く試合に出たいですし、ゴールを決めていきたいです」

1分23秒~:彼の父親はリリアン・テュラム。フランス代表でワールドカップ優勝を経験した、著名なサッカー選手だった。そして自身もU21フランス代表。キャリアの大きな第一歩をボルシアMGで踏みだそうとしている。

1分37秒~:そしてグレートブリテン島からライプツィヒにやってきたのはイーサン・アンパドゥ。チェルシーからドイツ東部へ。CBとボランチを得意とする同選手は守備に安定をもたらしてくれる。

2分02秒~:アンパドゥ「私はまだ若く、学ぶことがたくさんあります。競争の激しいブンデスリーガという舞台で、自分を高めることができると思います」

2分13秒~:アイントラハト・フランクフルトはセルビア人を新たに獲得。レッドスター所属だったデヤン・ヨヴェリッチだ。最大の特長は、シュートのクオリティー。移籍後初の公式戦欧州リーグ(EL)で、彼は早速得点をマークした。

2分34秒~:ドルトムントの若き才能の名はジョヴァンニ・“ジオ”・レイナ。元米国代表クラウディオ・レイナの息子だ。スピードと敏捷性に長け、16歳の若さながら高い能力を示した。

2分55秒~:レイナ「これからも一生懸命トレーニングに励み、試合に出場できる時間を増やしていきたいです」

3分07秒~:すべての扉は開かれている。ヤングプレーヤーのポテンシャルが開花していく様は、ブンデスリーガの大きな見どころでもある。