22/09 6:30 午後
23/09 1:30 午後
23/09 1:30 午後
23/09 1:30 午後
23/09 1:30 午後
23/09 1:30 午後
23/09 4:30 午後
24/09 1:30 午後
24/09 3:30 午後
- © imago images/Nordphoto
- © imago images/Nordphoto
bundesliga

第13節の注目カード(3):ヴォルフスブルク対ブレーメン

whatsappmailcopy-link

ブンデスリーガ第13節3日目が12月1日に行われ、大迫勇也のブレーメンは敵地でヴォルフスブルクと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

ブレーメンはブンデスリーガ直近8試合で勝利がなく、最後の白星は第4節ウニオン・ベルリン戦。フローリアン・コーフェルト監督の就任後では、最長の未勝利記録。

ヴォルフスブルクは今季ここまで、計5試合を無失点で終えている。これに対しブレーメンは、全12試合で少なくとも1失点を喫している。

・今季のブレーメンはアウェー6試合のうち5試合で2ゴールを決めており、対戦相手の得点も含めれば敵地で毎回3ゴール以上が誕生している。

・当カード直近7試合の戦績は、ブレーメンが5勝2分で無敗。しかしその前までは、ヴォルフスブルクがブレーメン戦6連勝を飾っていた。

・ブンデスリーガを舞台にした両者の対戦成績は、ブレーメン18勝、ヴォルフスブルク17勝、引き分けは9。さらに得点は、ブレーメンが78、ヴォルフスブルクが76と、ほぼ互角である。

・2018/19シーズンには、ジョーカーゴール数がリーグ2位の14得点だったブレーメンだが、今季は第12節終了時でまだ0得点。

・ヴォルフスブルクのGKクーン・カステールスは、2014/15シーズン後半戦の半年間をブレーメンで過ごした。その後ヴォルフスブルクへ移籍した同選手は、これまでブレーメン戦8試合に出場し、4敗4分の未勝利。さらに無失点で終えたことも一度もない。

- 2019 DFL

【予想ラインナップ】

ヴォルフスブルク(3ー4ー3)
カステールス;クノッヘ、ブルマ、ブルックス;ウィリアム、ギラボギ、アーノルド、ルシヨン;ブレカロ、ヴェグホースト、ヴィクトール

ブレーメン(4ー3ー3)
パブレンカ;ゲブレセラシ、ヴェリコヴィッチ、グロース、アウグスティンソン;M・エゲシュタイン、シャヒン、クラーセン;ビッテンコート、大迫、ラシツァ

※「2部第15節の注目カード:ザンクト・パウリ対ハノーファー」はコチラ
※「第13節の注目カード(1):バイエルン対レーバークーゼン」はコチラ
※「第13節の注目カード(2):ボルシアMG対フライブルク」はコチラ