Summary

  • ケルン大迫がブンデスリーガ100試合出場
  • ブンデスリーガ2部から挑戦し、ケルンでのデビューから3年半
  • 歴代日本人選手の3分の1が大台を突破

ケルンの大迫勇也が2月25日、ブンデスリーガ第24節のライプツィヒ戦に先発し、ブンデスリーガ100試合目の出場を果たした。

大迫は2014年1月、鹿島アントラーズから当時ブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンに加入した。フォルトゥナ・デュッセルドルフとのデビュー戦でいきなりゴールを決めると、15試合で6得点をマークし、2014年夏にはFIFAワールドカップに日本代表として出場。2014/15シーズンからはブンデスリーガに復帰したケルンに所属し、現在4シーズン目を迎えている。昨シーズンは7得点6アシストの活躍で、ケルンを25年ぶりの欧州カップ戦出場へ導いた。

これまでブンデスリーガの試合に出場した日本人選手は、「ブンデスリーガ・レジェンド」の奥寺康彦氏からハンブルガーSVの伊藤達哉まで30人を数える。そのうち、大迫はブンデスリーガ100試合に出場した10人目の選手となった。

 ブンデスリーガ歴代日本人選手出場ランキング

1位長谷部誠253試合(ウォルフスブルク、ニュルンベルク、フランクフルト)                     
2位     奥寺康彦       234試合(ケルン、ブレーメン)               
3位酒井高徳160試合(シュトゥットガルト、ハンブルク)              
4位香川真司144試合(ドルトムント)  
5位高原直泰135試合(ハンブルク、フランクフルト)                      
6位岡崎慎司128試合(シュトゥットガルト、マインツ)                  
7位    
清武弘嗣117試合(ニュルンベルク、ハノーファー)                  
8位内田篤人104試合(シャルケ)
9位細貝萌102試合(アウクスブルク、レーバークーゼン、ヘルタ)                 
10位   大迫勇也100試合(ケルン)

データは2018年2月26日現在