- © Jan Huebner via www.imago-images.de/imago images/Jan Huebner
- © Jan Huebner via www.imago-images.de/imago images/Jan Huebner
bundesliga

後半3ゴール反撃、ドルトムントが辛くもドロー

whatsappmailcopy-link

ブンデスリーガ第12節初日が11月22日に行われ、ドルトムントは本拠で昇格組パーダーボルンと対戦し、3ー3の引き分けに終わった。

ドルトムント 3ー3 パーダーボルン

キックオフの笛が鳴り響いてから5分後、試合が動いた。ドルトムントのセットプレーを弾き返したパーダーボルンは、そのまま素早く右サイドを突破。シュルツを置き去りにしたプレーガーの折り返しにマンバが合わせ、パーダーボルンが先制に成功する。

続く37分、ツォリンスキのロビングパスからマンバがヴァイグルの裏へ抜け出すと、GKビュルキの動きを見極めてきっちりと追加点。ホームに強いドルトムント相手に、パーダーボルンが2点のリードを奪う展開となる。

さらに43分、ホルトマンがドルトムント最終ラインを突破し、ペナルティーエリア左からゴール方向へ。そして最後はビュルキの股下を通すシュートを決め、パーダーボルンが前半だけで3点差とする。

- Jörg Schüler/Bongarts/Getty Images

しかし後半開始直後の47分、高い位置でヤンスからボールを奪ったドルトムントはサンチョの得点で1点を返し、終了間際の84分にもヴィツェルのヘディング弾でついに1ゴール差に。さらにロスタイム2分、左からのクロスにロイスが頭で合わせ、土壇場でドルトムントが同点に追いつく。

本拠で辛くも勝ち点1を拾ったドルトムントは、5勝2敗5分で暫定5位に浮上した。敵地での金星を逃してしまったパーダーボルンは、現在1勝9敗2分で最下位のまま。

- Peter Schatz via www.imago-images.de/imago images/ActionPictures

【得点】

0ー1 5分 マンバ(パーダーボルン)
0ー2 37分 マンバ(パーダーボルン)
0ー3 43分 ホルトマン(パーダーボルン)
1ー3 47分 サンチョ(ドルトムント)
2ー3 84分 ヴィツェル(ドルトムント)
3ー3 90+2分 ロイス(ドルトムント)

【ラインナップ】

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ヴァイグル、フンメルス、シュルツ(46分 ハキミ);ダフート(46分 アザール)、ヴィツェル;サンチョ、ロイス、ゲレイロ;アルカセル(45+2分 ブラント)

パーダーボルン(4ー4ー2)
ツィンゲルレ;ヤンス、キリアン、ショーンラウ、コリンス;プレーガー、ヴァシリアディス(40分 サビリ)、ギャスラ、ホルトマン(62分 アントウィアジェイ);ツォリンスキ(77分 ミヒェル)、マンバ