ボルシアMGのシューベルト監督は6連勝し、ブンデスリーガ監督就任後最長連勝記録に並んだ - © © Lars Baron
ボルシアMGのシューベルト監督は6連勝し、ブンデスリーガ監督就任後最長連勝記録に並んだ - © © Lars Baron
ブンデスリーガ

ボルシアMGを奇跡的に復活させた、シューベルト監督インタビュー

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は今季、開幕から5連敗というクラブ史上最悪のスタートを切った。第6節から暫定監督(当時)として指揮を任されたのは、同U-23チームを率いていたアンドレ・シューベルト氏。この無名の監督は周囲の心配をよそにチームを立て直してみせる。就任からボルシアMGは6連勝。さらに、第15節では無敗だったバイエルン・ミュンヘンから大金星を挙げた。ジョゼップ・グアルディオラ監督体制でバイエルンが前半戦で黒星を喫したのは初めてで、シューベルト監督には“ペップ破り”という異名まで付けられた。前節のレーバークーゼン戦では11試合目にしてついに敗戦を喫したが、一時は最下位に沈んだチームを上位へと導いている。当サイトドイツ語版が行ったシューベル監督の独占インタビューをお届けする。

——シューベルト監督、ボルシアMG監督としての生活が始まってちょうど3カ月です。この3カ月を振り返っていかがでしたか?

シューベルト監督 私の生活はそれほど激変したわけではありません。今までもボルシアMGで働いていましたからね(笑) 確かに、仕事で変わった点はあります。というのは、これまでより高いレベルでやっていますので。スタッフの数もU-23チームに比べると多くなりました。ブンデスリーガ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)では全く異なるタイプの相手と対戦します。それに、メディアへの露出の機会は多くなりましたね。

——わずか数週間で“普通”の監督から“スーパー・スキンヘッド”へ、さらに“100年に1人の暫定監督”となり、バイエルンに勝利したことで、“ペップ破り”と呼ばれるようになりました。時に、不安になることはありましたか?

シューベルト監督 なぜ不安になることがあるのでしょうか? ザンクト・パウリで働いていたときも、マスコミに取り上げられることは多かったですし、もしかしたらボルシアMGやデュッセルドルフ以上だったかもしれません。ブンデスリーガの監督になれば、どんなことが待ち受けているのかは想像できます。メディアから出演のオファーが多くなったとしても、自分の仕事をして、サッカーに集中しています。それに、これはこの数カ月での成果によるところです。私にとっては、選手たちが週ごとに高いレベルへと達する姿を見られることが魅力的です。

——監督就任から11試合目にしてレーバークーゼンに0-5で敗れ、初黒星を喫しました。大敗の敗因をどのようにお考えですか?

シューベルト監督 全力で臨んだのですが、多くのことをうまくできませんでした。とても心が痛みました。ここまで連続して良いプレーができていましたが、(この試合では)緩やかに我々の力がなくなっていったことがお分かりになったでしょう。また気をとり直してしっかりとやらないといけません。

- © imago / Schüler/Eibner-Pressefoto

バイエルンのようなチームではない・・・

- © gettyimages / Matthias Hangst

自信を失った選手たちを蘇らせる