マリ(左)と武藤(右)がハットトリックを達成したマインツの第12節までをチェック!
マリ(左)と武藤(右)がハットトリックを達成したマインツの第12節までをチェック!
ブンデスリーガ

中間査定:(8)マインツ

2015/16シーズンのブンデスリーガもすでに3分の1が経過した。当サイトでは中間査定と題し、日本人選手が所属するクラブの第12節までを振り返る。ラストは武藤嘉紀が所属するマインツをクローズアップ。

チーム状況

マインツは第12節を終えて9位で、順位表のちょうど真ん中に位置する。今季の順位の推移を見ると、上がったり、下がったりを繰り返しているが、サポーターにとっては少し不満が溜まるシーズンとなっている。9月下旬からドイツサッカー連盟カップの2回戦を含むホーム開催の公式戦で4連敗。第12節のウォルフスブルク戦でようやく約7週間ぶりにホームで勝ち点3を獲得した。 第11節のアウクスブルク戦では武藤の値千金のゴールにより土壇場で引き分けに持ち込み、そこからチームはリズムを取り戻しつつある。この勢いのまま、第13節(11月21日)では互いに「カーニバル都市」と名乗るケルンとの“カーニバル・ダービー”に臨む。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

トップデータ

 

    18得点はリーグ4位ビックチャンスの成功率が69%で、リーグ3位効果的なプレッシング。8回のインターセプトのうち1回を得点につなげている。これはリーグトップ

- © gettyimages / Alexander Hassenstein

ベストプレーヤー:ユヌス・マリ

武藤嘉紀

中間査定リンク集へ