2015/16シーズンのブンデスリーガもすでに3分の1が経過した。当サイトでは中間査定と題し、日本人選手が所属するクラブの第12節までを振り返る。第1回は大迫勇也と長澤和輝が所属するケルンをクローズアップ。

チーム状況

ブンデスリーガ再昇格から2シーズン目のケルンは、ここまで好調をキープしいる。第12節を終えて5勝3分4敗。順位を7位につけ、降格圏内とはすでに勝ち点8の差がある。ただし、欧州チャンピオンズリーグ(CL)や欧州リーグ(EL)の出場権を獲得できる位置までには、あと一歩届いていない。

今季のケルンの特徴は強豪相手に良い結果を残しているところ。 近年は格上となっている同じ地方のライバル、レーバークーゼン(2-1)とメンヘングラートバッハ(1-0)との「ラインダービー」をいずれも制した。さらに、シャルケ相手に3-0で快勝。昨季2位のウォルフスブルクとは引き分けた。このような結果から、昨季は12位だったケルンが今季は常に半分より上の順位となってる。

トップデータ

  • シーズン3分の1が終了し、ケルンは7位。CL自動出場権が獲得できる3位との勝ち点差はわずか3である
  • ここ数試合は守備的な戦いを強いられたにもかかわらず、ケルンの攻撃力は成長している。昨季は第12節終了時点で12得点だったが、今季はそれを上回る15ゴールを挙げている
  • 前節のレーバークーゼン戦ではヘディングから今季6得点目をマークした。今季、ヘディングによるゴール数はリーグトップとなっている
  • もう一つのストロングポイントは、忍耐力。ケルンは残り15分から計7得点を奪っており、これは現在リーグ最多

ベストプレーヤー:アントニー・モデステ

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

今夏、ホッフェンハイムから加入したフランス出身のアントニー・モデステ(27歳)は、ケルンでの公式戦デビューとなった8月8日のドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)のメッペン戦(4部)でいきなり3得点を挙げた。ブンデスリーガでも勢いは止まらず、ケルンファンは昨季までストライカーとしてゴールを量産していたアンソニー・ウジャー(現ブレーメン)の存在をすぐに忘れることができた。モデステは現在、ブンデスリーガ12試合のうち7試合で得点に絡んでいる。また、通算シュート数は42本で、得点ランキングトップのロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)とピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)、ダニエル・ディダビ(シュトゥットガルト)に次いで多い。

現在は6得点2アシストをマークしているが、特筆すべきは重要な場面で得点を奪っていること。先制点を4回挙げており、この数はブンデスリーガでトップ。新加入選手としては、申し分のない成績だ。

大迫勇也

© imago / Jan Huebner

大迫勇也にとって、ケルン2シーズン目は華々しい幕開けとなった。開幕節で途中出場ながらも今季初ゴールをマーク。この試合で負傷し、2試合を欠場することになったが、それでも第5節からは徹底的に守りを固めたバイエルン戦以外では先発出場。大迫がペナルティーエリア付近でボールを持つと、相手からファウルを受ける場面が多く見受けられ、そこからチームのチャンスにもつながっている。ただし、2トップを組むことが多いモデステの陰に隠れていることも事実。ゴールやアシストいう形では、開幕節以降は数字が動いていない。FWながら1対1の競り合いでは日本人選手トップの勝率で、またよく走り、守備も怠らない。ただ、高校時代の大迫を知る者なら、もっと彼のゴールが見たいというのが本心だろう。

長澤和輝

© gettyimages / Dean Mouhtaropoulos

大迫と対照的に出場機会が激減しているのが、長澤和輝だ。2013/14シーズン後半戦から加入し、チームの1部昇格にも貢献した。昨シーズンはけがのため出遅れたが、先発5試合を含む10試合に出場。今季は10月28日のDFB杯2回戦、ブレーメン戦(0-1)でようやく初出場となった。試合直前にパベル・オルコフスキが負傷し、急遽先発に起用されたがフル出場し、ペーター・シュテーガー監督は「カズ(長澤)は良い結果を残したと思う。彼には今後も期待している」と話していた。その3日後の第11節のホッフェンハイム戦でも先発し、今季ブンデスリーガ初出場を果たすのだが、前半45分でベンチに下げられた。長澤にとって試練のシーズンとなっている。

中間査定のリンク集へ