鮮やかな攻撃力を誇る、ドルトムントの第12節までをチェック!
鮮やかな攻撃力を誇る、ドルトムントの第12節までをチェック!
ブンデスリーガ

中間査定:(6)ドルトムント

2015/16シーズンのブンデスリーガもすでに3分の1が経過した。当サイトでは中間査定と題し、日本人選手が所属するクラブの第12節までを振り返る。第6回は香川真司が所属するドルトムントをクローズアップ。

チーム状況

強いドルトムントが戻ってきた。昨季はまさかの不振に陥り、後半戦は盛り返したもののシーズンを7位で終わっていた強豪が、トーマス・トゥヘル新監督の下でよみがえった。バイエルン・ミュンヘンとのデア・クラシカーでは苦杯をなめたが、その後もしっかり上位をキープし、シャルケとのルールダービーでは本拠地で勝利を収めた。このダービーでの勝利を糧に、今後もチームの勢いは増してゆくはずだ。常に自分の活躍よりもチームのことを考えている点取り屋、ピエールエメリック・オバメヤンとバイエルンのロベルト・レバンドフスキとの得点王争いからも今後、目が離せない。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

トップデータ

    トゥヘル監督はチームの攻撃面をさらなる高みへ導いた。12試合で35得点というゴール数はクラブ史上1963/64シーズン以来の快挙となった。この得点数は現在、バイエルンの37点に次ぐ数字パスからゴールへとつながった得点が26点と、リーグで1番多い。バイエルンすらもこの数には追いついていない今季のドルトムントは”決定力のチーム”と表現できる。1ゴールを挙げるために、たった6本のシュートしか要さない素晴らしい確率だ

- © gettyimages / Christof Koepsel

ベストプレーヤー:ピエールエメリック・オバメヤン

香川真司

中間査定のリンク集へ