炭鉱の町として栄えたゲルゼンキルヘンを象徴するシャルケについて紹介する - © imago / Jan Huebner
炭鉱の町として栄えたゲルゼンキルヘンを象徴するシャルケについて紹介する - © imago / Jan Huebner
ブンデスリーガ

シャルケについて知っておきたい5項目

内田篤人が所属するシャルケについて紹介する。

(1)炭鉱の町

(2)テンニース会長

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Ronny Hartmann

(3)スポーツディレクター

現場の全権を掌握していたフェリックス・マガト元監督が去った後にホルスト・ヘルト氏がスポーツディレクターに就任。3シーズン連続で欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するなど、結果を残した。しかし直近の2シーズンはCLへの切符を逃し、また補強策にはファンをはじめクラブ内からも疑問の声が上がっていたこともあり、首脳陣はヘルト氏との決別を選択。2016/17シーズンからは、一地方クラブにすぎなかったマインツをブンデスリーガ中堅にのしあげたクリスティアン・ハイデル氏を招へいしている。敏腕SDは今後シャルケにどのような化学変化を起こしていくのだろうか。

(4)ビール専用パイプ

本拠地のネーミングライツを購入したフェルティンス社は、ルール地域に本社を置くビール会社。そのためフェルティンス・アレーナの地下には、全長5km以上のビール専用パイプが張りめぐらされており、スタジアム内の各販売所に新鮮なビールをお届けしている。

(5)公開練習