ナルド(写真)は今夏ウォルフスブルクを離れ内田のシャルケに移籍を果たした - © © imago
ナルド(写真)は今夏ウォルフスブルクを離れ内田のシャルケに移籍を果たした - © © imago
ブンデスリーガ

シャルケに新加入のDFナルド、独占インタビュー

5月中旬、ウォルフスブルクに所属するナルドが、内田篤人の所属するシャルケへ移籍することになったというニュースは、多くの驚きを持って伝えられた。そこで当サイト独語版はナルドとの独占インタビューを行い、新天地シャルケでの抱負を語ってもらった。

――だいたいの選手はオフを海辺で過ごしますが、あなたはドバイに行ったり、フロリダに行ったり、祖国ブラジルに行ったり・・・そして移籍前にウォルフスブルクで、そして移籍後にはシャルケの一員として中国に2回も行っています。かなりマイレージが貯まったのではないでしょうか?

ナルド そうだね(笑) この夏は本当にいろんなところへ出かけていたよ。

――これだけの移動距離ですと、時差に慣れたり、体力を回復したりするのも大変なのではないでしょうか?

ナルド 確かに長時間のフライトは少し疲れるけど、でも僕にとってはそこまで大きな問題ではないよ。フライト中はできるだけ水分を取り、できるだけ寝るようにしている。機内は乾燥しているから水分を取ることは本当に大事なんだ。

――中国に行った感想はいかがでしょうか?

ナルド ウォルフスブルクで行ったのが、僕にとって初めての中国訪問だった。シャルケでもそのあとすぐにまた行ったけれどもね。良い印象だったよ。世界で4番目に広い国土を持っていて、僕の生まれたブラジルも5番目に広い国土だ(笑) いずれにしても人々は非常に親切で、とても温かく迎え入れてくれた。

- © FC Schalke 04

「みんなが僕の加入を喜んでくれている」

- © imago
- © gettyimages / Christof Koepsel