「バラの月曜日」のパレードに参加したケルンの選手たち - © gettyimages / Volker Hartmann
「バラの月曜日」のパレードに参加したケルンの選手たち - © gettyimages / Volker Hartmann
ブンデスリーガ

バラの月曜日、カーニバルとブンデスリーガ

カーニバルとは・・・?

ドイツ西部のライン川沿岸の地域、ラインラントには4季ではなく5季がある。その5季目とは、言わずと知れた『カーニバル』で、かの地では目下、ハイライトであるストリートカーニバルの真っ最中だ。本稿では、この地域に位置する武藤嘉紀の本拠地マインツ、そして大迫勇也のケルンと、カーニバルとの関わりを紹介する。

カーニバルに当たる日本語は『謝肉祭』で、カトリックの、主に肉食を断つ『ファスト(断食)』の前に「今のうち思う存分楽しもう!」と行われる、古くから伝わるお祭りだ。ラインラントでは毎年11月11日、このカーニバルが幕を開ける。それから約3ヶ月間は、週末ともなると街中の飲み屋で仮装した人たちが集まる光景が日常だ。そして、そのフィナーレを飾るストリートカーニバルが、イースター(復活祭)から約40日前に当たる1週間(2016年は2月4日から9日)にわたって行われるのだ。仮装した人々が街を練り歩き、音楽を奏でながら大通りを行く『ツーク』と呼ばれる山車や行列から投げられる、お菓子や切花などが飛び交う。

11月11日、カーニバル練習の記事へ

カーニバル・ダービー

ドイツ3大カーニバル都市といえば、ケルン、マインツそしてデュッセルドルフだ。よって、ブンデスリーガでケルンとマインツが対戦すると、カーニバル・ダービーということにな る。カーニバルが開幕した直後の11月21日、ブンデスリーガ第13節で両チームが対戦したが、試合のほうはカーニバルのような派手さはない、スコアレスドローであった。次に両者が相対すのは、4月に行われる第30節だ。

カーニバル用ユニホーム

- © gettyimages / Alex Grimm
- © gettyimages / Sascha Steinbach