2015/16シーズンのブンデスリーガは折り返し地点に到達した。選手たちは現在、1月22日に開幕する後半戦に向けて英気を養っている。ここで各クラブの前半戦を振り返る。今回は長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトにスポットを当てる。

チーム状況

フランクフルトは第4節終了時点で4位につけていた。特に第3節のシュトゥットガルト戦で4-1、第4節のケルン戦では6-2と大量得点で勝利を収め、うまく波に乗ったかのように思われた。しかし、それも長くは続かなかった。第5節から5試合連続で勝利に見放されると、順位はみるみるうちに13位まで下降。第10節のハノーファー戦でようやく今季3勝目を挙げ、第11節ではバイエルン・ミュンヘンの猛攻をしのいでスコアレスで引き分け、開幕からの連勝していた王者を記録を止めた。

それでも、第13節からさらにスランプに陥って、4連敗を喫する。年内最終戦となったブレーメンとの試合は、通常より攻撃的な布陣で臨み、7試合ぶりの白星を手にした。後半戦で巻き返しを図るとしたら、この試合のように攻撃的に戦うことが必要となってくるだろう。冬季の補強としてすでにマーコ・ファビアンの獲得を発表。ブルーノ・ヒュープナーSDは「マーコは得点力があり、ウィングや中盤でもプレーでき、国際経験も豊富な選手だ」と話す。背番号10はその期待の高さを表している。

トップデータ

  • カウンターからのゴールはリーグ最多の7得点
  • MFは平均して7.8本のシュートで1得点を決めており、その決定率はリーグ3位
  • 相手チームがオフサイドになった数は65回で、シュトゥットガルトの69回に次いでリーグ2位

前半戦MVP:マーク・ステンデラ

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

攻撃的MFと守備的MF、両方を器用にこなすマーク・ステンデラは、前半戦のチームの中で一番、常に安定したパフォーマンスを見せていた。ある記者会見でアーミン・フェー監督が「19歳(当時)の選手がチームを引っ張っているなんて信じられないよ」が感心していたほどだ。12月10日に20歳の誕生日を迎えたばかりのステンデラだが、次の出場でブンデスリーガ50試合目に達し、すでに多くの経験を積んでいる。第10節のハノーファー戦ではプロとして初の1試合2得点もマークした。

長谷部誠

© gettyimages / Alexander Hassenstein

前半戦は本職のボランチよりも右SBでの出場が多く、試合途中からポジションが変更されることもあった。「現代サッカーではSBが起点になることが多いので、もっといいパスも出したいし、もう少しクオリティーを上げていきたい」と、本人はそれぞれのポジションで監督が求めるサッカーを体現しようと努めている。詳細は長谷部の前半戦総括

2015/16シーズン前半戦総括一覧