海外初挑戦となる山口が、ブンデスリーガでの抱負を語った - © © gettyimages / Stuart Franklin
海外初挑戦となる山口が、ブンデスリーガでの抱負を語った - © © gettyimages / Stuart Franklin
ブンデスリーガ

ハノーファー山口入団会見「全ての面でレベルアップを」

ハノーファーに加入した山口蛍が1月4日、チームに初めて合流した。初練習の後、入団会見に臨んでいる。

ーーまずは自己紹介を。

山口 Guten Tag! Ich bin Hotaru Yamaguchi. Ich komme von Cerezo Osaka. Frohes neues Jahr.(こんにちは! 山口蛍です。セレッソ大阪からやって来ました。明けましておめでとうございます。)

ーーハノーファーへようこそ。「清武選手とまた一緒にプレーしたい」と仰っていましたが、この移籍において清武選手はどのような役割を果たしたのでしょうか?

山口 セレッソで一緒にやっていて、実質、ほとんどあまり一緒にプレーすることはできなかったので、また一緒にプレーしたいという思いが一番強かったです。

ーーここでどのように成長したいと思っていますか? 先ほど行われた初のトレーニングはいかがでしたか?

山口 プレーヤーとして全ての面でレベルアップをしたいというのがありますし、きょうの練習は最初でしたけど、最初からこんなにやるんだなという印象です。

ーードイツ出身の選手にはフィリップ・ラームやバスティアン・シュバインシュタイガーらボランチの選手がたくさんいます。お手本としている選手、あるいは自分は誰のタイプの守備的MFであるか教えていただけますか?

山口 目標としている選手はバイエルンの(アルトゥーロ・)ビダル。ボランチとしてはやっぱり守備も攻撃も両方できて、なおかつ点の取れるボランチになりたいとは思います。

ーービダル選手に憧れているということは、対人でガツガツいくタイプですか?

山口 そうですね。かぶってる部分は多いですけど、ビダルはユベントス時代(セリエA)も含めて点も取っている印象があるので、自分も点を取れるような選手になりたいというのはあります。

- © gettyimages / Stuart Franklin

戦う気持ちを出すプレーヤー