ドルトムントのMFギュンドアン(写真)はシャルケ戦を「チームみんながこの試合を楽しみにしている」と話している - © gettyimages
ドルトムントのMFギュンドアン(写真)はシャルケ戦を「チームみんながこの試合を楽しみにしている」と話している - © gettyimages
ブンデスリーガ

ギュンドアン「最高の時期にダービー戦」

ドルトムントは11月5日に行われた欧州リーグ(EL)の第4節ガバラ(アゼルバイジャン)戦を4-0で勝利し、グループ一番乗りでラウンド32進出を決めた。試合後、ドイツ代表で香川真司と公私ともに仲の良いイルカイ・ギュンドアンがその喜びや、8日(日)に迫った宿敵シャルケとのルールダービーについて語った。

――イルカイ・ギュンドアン選手、ドルトムントは4-0で勝利し、ELラウンド32進出を決めました。きょうの試合はいかがでしたか?

ギュンドアン 自分たちはうまく試合に入れなかったし、思っていたようにボールをつなぐことができませんでした。前半の終盤あたりからはようやく落ち着き、3、4回のチャンスから2得点を挙げると、後半からは試合をうまくコントロールできました。センセーショナルではなかったけれど、この試合に勝つことは自分たちにとって重要だったし、それを達成できました。

――2試合を残し、ノックアウトステージへの進出が決定です。

ギュンドアン グループステージを突破できたのは素晴らしいし、ポジティブですね。グループ首位で勝ち進めればもっと良いし、それが自分たちの目標とすべきところです。そしたら、グループステージに満足できるでしょう。

「何をやるべきか分かっている」

- © gettyimages