バイエルンのラーム(中央)は次節マインツと宿敵ドルトムントとの連戦を「勝負の週」と話している - © © imago / Bernd König
バイエルンのラーム(中央)は次節マインツと宿敵ドルトムントとの連戦を「勝負の週」と話している - © © imago / Bernd König
ブンデスリーガ

ラーム「次の2試合に勝てば・・・」

バイエルン・ミュンヘンは2月27日、ブンデスリーガ第23節でウォルフスブルクに2-0で勝利し、勝ち点を62に伸ばした。試合後、主将のフィリップ・ラームが当サイトドイツ語版のインタビューに応じた。

——先ほどトーマス・ミュラー選手が「これは大きな勝利だ」と仰っていました。ウォルフスブルク戦の結果について、いかがでしょうか?

ラーム もちろん重要な勝利です。特に、平日に欧州チャンピオンズリーグ(CL)を戦った直後ということもありますし。激しい試合の後、すぐに敵地でのウォルフスブルク戦を迎えました。もっと簡単なアウェー戦もあるってものですよ。勝負の週が控えており、水曜日(3月2日)にはホームでマインツ戦、その後(3月5日)はアウェーでドルトムントとの「デア・クラシカー」があります。だから、このウォルフスブルクでの勝利は特別に大きい。

- © gettyimages / Stuart Franklin/Bongarts

「攻撃的な選手は完全に揃っている」

- © imago / xThomasxBachun

目下の目標は、ドルトムントとの「デア・クラシカー」

- © imago / Lackovic