元ドイツ代表ノボトニー氏がレーバークーゼン対バイエルンの展望を語った - © gettyimages / Grombkowski
元ドイツ代表ノボトニー氏がレーバークーゼン対バイエルンの展望を語った - © gettyimages / Grombkowski
ブンデスリーガ

第20節トップゲーム展望:ノボトニー氏インタビュー

2月6日、ブンデスリーガ第20節のトップゲームとしてレーバークーゼンバイエルン・ミュンヘンが行われる(※日本時間7日午前2時半キックオフ)。注目の一戦を前に当サイト独語版は、レーバークーゼンに10シーズン在籍し、ドイツ代表として48試合に出場した経験を持つイェンズ・ノボトニー氏に見どころをうかがった。

――バイエルンはレーバークーゼンを勝ち点21も上回っています。2クラブはまったく別のレベルにあるのか、それとも今シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場クラブとして同じ次元にあるのか、どちらでしょうか?

ノボトニー 所属選手を見比べれば、そこにはレベルの差というものが存在する。しかし1試合に限定すれば、この差を打ち破る可能性はある。つまりバイエルンに黒星をつけることだってできる。確かに順位表を見れば、両クラブの差は明白だ。しかしその順位表は、「土曜にレーバークーゼンが負ける」ことを保証するものではない。

- © gettyimages / Bongarts

「チーム全体が連動すること」

- © gettyimages / Alex Grimm

「バイエルンがつまずくことは十分ありえる」