熾烈な3位争いを展開するホッフェンハイムとドルトムントは第32節に直接対決を控えている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
熾烈な3位争いを展開するホッフェンハイムとドルトムントは第32節に直接対決を控えている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

4強のラスト5試合をチェック

今季のブンデスリーガも残すところ5試合。バイエルン・ミュンヘンの5連覇を止める可能性があるのは2位ライプツィヒのみとなった。もっとも、ライプツィヒにとっての現実的な戦いのステージは、3位ホッフェンハイム、4位ドルトムントとの欧州チャンピオンズリーグ(CL)のストレートインを懸けた争い。シーズンを通して上位をキープしてきたトップ4の残り5試合を展望する。

【1位:バイエルン・ミュンヘン】

勝ち点:69 得点:71 失点:15
今後の対戦カード:第30節マインツ(H)、第31節ウォルフスブルク(A)、第32節ダルムシュタット(H)、第33節ライプツィヒ(A)、第34節フライブルク(H)

リーグ5連覇は誰が見てもほぼ確実な状況。ライプツィヒとの勝ち点差は「8」あり、残り5試合で3敗しなければ逆転されることはない。第33節にそのライプツィヒとの直接対決を残しているとはいえ、それまでの3試合はいずれも残留争いをしている下位チームとの対戦。勝ち点獲得のハードルは決して高くない。残り試合で全敗しても3位以内でのフィニッシュが確定しており、来季のCL出場が決まっている。

- © imago
- © imago / Contrast
- © imago
- © gettyimages / Lars Baron