Summary

  • トップ4のラスト5試合を展望
  • バイエルンのリーグ5連覇がほぼ確実に
  • 焦点はCLストレートインの切符を懸けた争い

今季のブンデスリーガも残すところ5試合。バイエルン・ミュンヘンの5連覇を止める可能性があるのは2位ライプツィヒのみとなった。もっとも、ライプツィヒにとっての現実的な戦いのステージは、3位ホッフェンハイム、4位ドルトムントとの欧州チャンピオンズリーグ(CL)のストレートインを懸けた争い。シーズンを通して上位をキープしてきたトップ4の残り5試合を展望する。

【1位:バイエルン・ミュンヘン】

勝ち点:69 得点:71 失点:15
今後の対戦カード:第30節マインツ(H)、第31節ウォルフスブルク(A)、第32節ダルムシュタット(H)、第33節ライプツィヒ(A)、第34節フライブルク(H)

リーグ5連覇は誰が見てもほぼ確実な状況。ライプツィヒとの勝ち点差は「8」あり、残り5試合で3敗しなければ逆転されることはない。第33節にそのライプツィヒとの直接対決を残しているとはいえ、それまでの3試合はいずれも残留争いをしている下位チームとの対戦。勝ち点獲得のハードルは決して高くない。残り試合で全敗しても3位以内でのフィニッシュが確定しており、来季のCL出場が決まっている。

© imago

【2位:ライプツィヒ】

勝ち点:61 得点:55 失点:30
今後の対戦カード:第30節シャルケ(A)、第31節インゴルシュタット(H)、第32節ヘルタ・ベルリン(A)、第33節バイエルン・ミュンヘン(H)、第34節アイントラハト・フランクフルト(A)

昇格1年目でリーグ制覇の偉業には自力では届かない。バイエルンと対戦するマインツ、ウォルフスブルク、ダルムシュタットの援護射撃があって初めて、第33節を天下分け目の一戦として迎えることができる。ただし、当の本人たちはマイスターシャーレにほぼ関心がない様子。周囲の期待はあっても、クラブにとっては2位フィニッシュだけで十分にセンセーショナルな結果だ。3位ホッフェンハイムとの勝ち点差は「7」あるものの、残りの対戦相手は欧州リーグ(EL)の出場権、もしくは残留を争っている面々ばかり。2位の死守はなかなかハードなミッションとなりそうだ。

© imago / Contrast

【3位:ホッフェンハイム】

勝ち点:54 得点:56 失点:31
今後の対戦カード:第30節ケルン(A)、第31節アイントラハト・フランクフルト(H)、第32節ドルトムント(A)、第33節ブレーメン(A)、第34節アウクスブルク(H)

チームの目標は、ライプツィヒが3勝した時点で可能性が消える2位の座よりも、CLのストレートインが確定する3位の死守だろう。第32節には勝ち点1差で4位につけるドルトムントとの直接対決が控えており、ここが最大のヤマ場となるのは間違いない。まだEL出場は確定していないものの、6位との勝ち点差は「13」。来季ヨーロッパの舞台に立つのはほぼ確実だ。

© imago

【4位:ドルトムント】

勝ち点:53 得点:62 失点:33
今後の対戦カード:第30節メンヘングラートバッハ(A)、第31節ケルン(H)、第32節ホッフェンハイム(H)、第33節アウクスブルク(A)、第34節ブレーメン(H)

CLのストレートイン、つまり3位以内はクラブにとって明確なノルマ。そして、現時点では自力でのノルマ達成が可能だ。3位ホッフェンハイムをホームに迎える第32節の直接対決ですべてが決することになるだろう。今季もバイエルンの独走を許し、すでに5シーズンぶりのリーグ制覇はなくなったが、数字上ではまだ2位の可能性も残っている。ホームでは絶対的な強さを誇っており、ホームゲームを3試合残している点は大きなアドバンテージ。CL敗退も過密日程の緩和という意味ではポジティブに働くかもしれない。

© gettyimages / Lars Baron