バイエルンDFのアラバが左ひざを負傷。精密検査の結果、全治7週間の重傷であることが分かった
バイエルンDFのアラバが左ひざを負傷。精密検査の結果、全治7週間の重傷であることが分かった
ブンデスリーガ

バイエルンDFアラバ、左ひざの内側じん帯断裂で全治7週間

バイエルン・ミュンヘンは4月1日、DFダビド・アラバが左ひざの内側じん帯断裂で全治7週間と診断されたと発表した。

アラバは前日、オーストリア代表のテストマッチに出場。相手との競り合いで負傷し、そのまま交代していた。