ドルトムントMFミキタリヤンは第15節ヘルタ戦で太もも筋肉を負傷。約6週間の離脱を余儀なくされる
ドルトムントMFミキタリヤンは第15節ヘルタ戦で太もも筋肉を負傷。約6週間の離脱を余儀なくされる
ブンデスリーガ

ミキタリヤン離脱

ドルトムントMF、負傷で前半戦絶望

とが所属するドルトムントは12月14日、MFヘンリック・ミキタリヤンが右太もも筋肉の負傷により約6週間離脱することを明らかにした。

ミキタリヤンは前日に行われた第15節ヘルタ・ベルリン戦で先発出場したが、33分にけがのために交代していた。ミキタリヤンの復帰は後半戦の開始には間に合わない見込み。