バイエルンGKノイアー(中央)は2014年世界年間最優秀選手(バロンドール)の最終候補3人に選ばれた
バイエルンGKノイアー(中央)は2014年世界年間最優秀選手(バロンドール)の最終候補3人に選ばれた
ブンデスリーガ

ノイアーがノミネート

2014年バロンドール最終候補3選手発表

国際サッカー連盟(FIFA)は12月1日、2014年世界年間最優秀選手(バロンドール)の最終候補3人を発表した。ブンデスリーガ所属選手では

バイエルン・ミュンヘン

のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーがノミネートされた。ノイアーはFIFA/FIFPro年間ベストイレブンGK部門の候補にも選出されている。バロンドールにノミネートされた3選手は以下の通り。 マヌエル・ノイアー(ドイツ国籍 バイエルン/ドイツ) クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル国籍 レアル・マドリード/スペイン) リオネル・メッシ(アルゼンチン国籍 バルセロナ/スペイン) なお、同タイトル受賞者の発表は2015年1月12日に予定されている。ノイアーが受賞した場合は、バイエルン所属選手としては1991年のローター・マテウス氏以来23年ぶりの快挙となる。 また、男子最優秀監督賞の候補にはドイツ代表ヨアヒム・レーフ監督が、欧州チャンピオンズリーグ優勝クラブのレアル・マドリード指揮官カルロ・アンチェロッティ氏、アトレティコ・マドリード(スペイン)のディエゴ・シメオネ監督とともにノミネートされた。女子最優秀監督賞候補には、なでしこジャパンの佐々木則夫監督らが入った。