バイエルンDF、左足負傷でドイツ代表から離脱

バイエルン・ミュンヘン

に所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、左足ふくらはぎの筋肉負傷のため国際親善試合スペイン戦(18日)を欠場することが11月16日、明らかになった。これによって、ドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督はウォルフスブルクDFロビン・クノッヘ(22)を追加招集。U21ドイツ代表入りの経験を持つクノッヘは、ウォルフスブルクでこれまでにブンデスリーガ55試合に出場しており、主力CBとして活躍している。