ヘルタに新加入したコートジボワール代表FWカルー
ヘルタに新加入したコートジボワール代表FWカルー
ブンデスリーガ

コートジボワール代表カルー、ヘルタに加入

原口、再びポジション争いに挑む

細貝萌

原口元気

が所属する

ヘルタ・ベルリン

は8月31日、コートジボワール代表FWサロモン・カルーを3年契約で獲得した。背番号は11に決定している。 チェルシー(イングランド)、リール(フランス)を経てヘルタに加入した同選手について、スポーツディレクターのミヒャエル・プレーツ氏は「彼はトップクラスのストライカーだ。国際経験も豊富で、チェルシーでは欧州チャンピオンズリーグにも優勝している」と高く評価し、「彼が加入してくれて本当にうれしいよ」と喜びのコメントを残した。 これに応じるようにカルーも「ヘルタは僕を獲得するために全力を尽くしてくれた。クラブ首脳陣とも素晴らしい話し合いができたしね。ベルリンという町もマルチカルチャーな大都市だ」と話し、この契約締結に満足気な様子を見せている。 しかし原口にとっては、強敵が現れたことを意味する。ウイングの位置に入ることもあれば1トップも可能など、攻撃的なポジションならどこでもこなすことが可能なカルーとの争いに勝たねば、原口の出番は減少してしまう。DFB杯1回戦や開幕戦で見せたような、得点に絡む働きだけではなく、守備面でもチームに貢献しようとする姿勢は、まさにヨス・ルフカイ監督の好み。まずは肩の負傷を治し、指揮官へ再度アピールしていきたいところだろう。