パーダーボルンはアーヘンキルヒでの合宿開始

メンヘングラートバッハ

は7月21日、ロートアッハ・エーガンでの1週間の合宿を終了し帰路へ就いた。 ファーブレ監督は合宿について「3つの強化試合をこなしたが、どれも悪くなかった。合宿では高い負荷をかけたため、選手たちが疲れている状態で試合に臨んだことも忘れてはいけない」と語り、満足感を示した。またDFニコ・ブランデンブルガー、MFマーウィン・シュルツ、MFマハムート・ダフート、MFビラール・ゼッツァー、FWマーロン・リッターら若手選手もアピールに成功し、ファーブレ監督は「彼らはよくやっていた。こういう選手たちが下部組織にいるというのは、メンヘングラートバッハにとって良いこと」と話した。 テガーンゼー湖畔での1週間の合宿を終え、メンヘングラートバッハは帰路へ就く

一方、

パーダーボルン

は同日、アーヘンキルヒ(オーストリア)での8日間の合宿へ向けて出発した。 合宿中には23日にアスレティック・ビルバオ(スペイン)、26日にはマッカビ・ハイファFC(イスラエル)、28日にトラブゾンスポル(トルコ)との強化試合が予定されている。 合宿地へ向かうフライトにチェックインするパーダーボルンの選手