ヘッセン・カッセルに4ー1

ドルトムントは7月15日、ヘッセン・カッセルと今季初めての強化試合を行い4ー1で快勝した。 W杯に参加した8選手以外にも、負傷しているDFズボティッチ、MFブワシュチコフスキ、MFロイス、MFシャヒン、MFギュンドアンが不在となり、わずか17人で試合に臨んだ。1万7千人もの観客を前に、前半は一方的な展開だったもののテンポが遅くなかなか鋭く切り込めない。決定的な好機も作れず、38分には逆に失点してしまう。しかし63分と66分にテンポ良くゴールを決めて逆転に成功。これで勢いがつき、71分と77分にも追加点を奪って点差を広げ、4ー1で逆転勝利となった。 試合後、ファンにサインをする選手たち