細貝、原口は前半組

FW原口元気とMF

細貝萌

が所属する

ヘルタ・ベルリン

は7月15日、SVレーディングハウゼンと強化試合を行い2-0で勝った。原口と細貝は共に前半組で出場、細貝はキャプテンマークをつけチームを先導した。 約1700人の観客が見守る中、試合は早い時間に決定的となる。4分にアラギが先制点を決めると、17分にはワーグナーが追加点を奪って2-0。24分には原口がボールを奪ってうまく運び、見せ場を作るが得点にはつながらなかった。後半は何度か好機を作るも、なかなか点を奪えない展開となる。60分には相手MFに18mから強烈なシュートを打たれるが、バー直撃に救われる。その後は失点もなかったが特に見せ場もなく、結局2-0のまま試合終了となった。 キャプテンマークをつけて登場した細貝

1点目を得点したアラギ(左)