第1次合宿終了

ブレーメン

は7月7日14時過ぎ、約1週間の中国遠征を終え、無事ブレーメン空港に到着した。 フィブリ取締役社長は「長春市、天津市、北京で貴重な体験をした。どの都市も見るべきものがあり、心地良く過ごすことができた。練習や試合でも大きな成果を挙げられて満足している。このような機会に恵まれたことに感謝したい」と1週間の遠征を総括した。 スポーツ担当取締役のアイヒン氏は「いろいろな面でワクワクすることの多い旅だった。今回行ったメンバーの中で、中国へ行ったことがある人間はほとんどいなかったので、現地では毎日新しいことを経験した。国と人々を知ることで、たくさんの印象深い出来事と巡り会った」と旅の印象を言葉にした。 「さようなら、中国!ブレーメン一行は無事、ブレーメン空港へ到着」