ブンデスリーガ

長谷部、偉業達成までの道程(前編)

アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠が3月5日のフライブルク戦でブンデスリーガ通算235試合出場を達成し、奥寺康彦氏が保持していた日本人最多出場記録を31年ぶりに更新した。チームは1ー2で敗れたが、長谷部はゲームキャプテンとして最後まで攻守に奮闘。試合後は敗戦を悔やみながらも、「今までサッカー選手として突き詰めてやってきた部分はあるので、それが結果や記録として評価されるのはうれしい」とブンデスリーガ在籍10年目での偉業を喜んだ。「いい時だけでなく、そうでない時も経験してきた」——。本人がそう語るドイツでの歩みを振り返る。

ドイツ移籍2年目でマイスターシャーレを獲得

2002年に浦和レッズでキャリアをスタートさせた長谷部は、2006年のJリーグ優勝、2007年のAFCチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトル獲得。「環境を変えることで成長したい」との思いから2008年1月にウォルフスブルクへ移籍した。加入早々の2月、敵地でのビーレフェルト戦で後半開始から出場してブンデスリーガデビュー。左ボランチに入った長谷部は、相手FWに激しいタックルを浴びせ、攻撃時には的確なパスを出してチームの勝利に貢献した。

- © imago / Team 2