Summary

  • ブンデスリーガ第31節、ドルトムント対レーバークーゼン
  • 最近5試合のリーグ対戦成績はドルトムントの3勝1分け1敗
  • ドルトムント香川はすでにトレーニングに復帰

勝ち点51で並ぶ4位ドルトムントと3位レーバークーゼンの直接対決。ドルトムントはルールダービーで完敗、レーバークーゼンもドイツサッカー連盟カップでバイエルン・ミュンヘンに敗れたが、欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権に向けて気持ちを切り替えることができるか。

対戦データ&トリビア

  • 前回対戦ではドルトムントが追いついて1ー1の引き分け。レーバークーゼンが主導権を握っていたが、41分にウェンデルが退場して試合の流れが大きく変わった
  • 昨季のドルトムントホームの一戦ではドルトムントが6ー2で大勝。当時レーバークーゼンを率いていたロガー・シュミット監督が翌日に解任された
  • レーバークーゼンはドルトムントとのアウェー戦で通算19敗。対戦カード別で2番目に多くの黒星を喫している
  • ドルトムントホームのこのカードは現在8試合連続で決着がついている
  • レーバークーゼンのハイコ・ヘアリッヒ監督は現役時代にドルトムントでプレーし、2度のブンデスリーガ優勝とCL制覇を経験している
  • ヘアリッヒ監督は指揮官として初めてドルトムントとのアウェー戦に臨む
  • ドルトムントのゴンザロ・カストロ、アンドレ・シュアレ、エーマー・トプラクにとっては古巣対戦

© imago

予想ラインナップ

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、シュメルツァー;ワイグル、カストロ:プリシッチ、ゲッツェ、ロイス;サンチョ

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
レノ;ヘンリクス、ター、S・ベンダー、レトソス;バウムガートリンガー、アランギス;ベララビ、フォラント、ベイリー;アラリオ