Summary

  • ブンデスリーガ第19節、ヘルタ・ベルリン対ドルトムント
  • 最近5試合の公式戦対戦成績はドルトムントの3勝1分け1敗
  • 香川は先発予想、原口は厳しい状況が続く

ヘルタ・ベルリンは前節、オウンゴールによる1点に泣いて11位に後退。対するドルトムントもホームでスコアレスドローに終わり2位返り咲きのチャンスを逃した。ドルトムントの香川真司は先発予想、ヘルタの原口元気は直近8試合中7試合でベンチ外という厳しい状況が続いている。

対戦データ&トリビア

  • ドルトムントが過去3シーズンの後半戦(計51試合)で手にした総勝ち点はヘルタよりも「51」ポイントも多い
  • 前節はともにノーゴール。ヘルタはサロモン・カルーが、ドルトムントはアンドリー・ヤルモレンコがビッグチャンスを決め切れなかった
  • ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンは前節に続いて欠場。今季のドルトムントはエースが欠場した3試合で一度も勝てておらず(2分け1敗)、得点もわずか2点にとどまる
  • ブンデスリーガのアウェーチーム通算ゴール数は前節までに「19,999」に到達。今節アウェーで戦うドルトムントの選手は節目の「20,000」ゴールを決めて歴史に名を残すチャンス
  • ヘルタは一昨季、昨季と2年連続でドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)でドルトムントに敗れている
  • ブンデスリーガにおける両チームの対戦では、ドルトムントが10本のPKを獲得しているのに対して、ヘルタはわずか5本にとどまる
  • ヘルタはドルトムントとのホームゲーム(リーグ戦)で約40年ぶりに3試合連続勝ち点獲得に成功している(2勝1分け)
  • ヘルタは1970年4月にホームで行われたドルトムント戦で、クラブのブンデスリーガ最大得点差勝利となる9ー1の大勝を収めている
  • ヘルタのベダド・イビシェビッチはドルトムントとの最初の6試合で6ゴールを決めていたが、その後は10試合連続でノーゴールが続いている
  • ドルトムントのマリオ・ゲッツェはヘルタ戦で一度も負けたことがない(6勝1分け)。アウェー戦では3戦全勝で、自身も2ゴール2アシストをマークしている

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze

予想ラインナップ

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク(ワイザー)、シュターク、ルステンベルガー、プラッテンハート;マイヤー、シェルブレッド;ワイザー(ラザロ)、ドゥダ、カルー;ゼルケ(イビシェビッチ)

ドルトムント(4ー3ー3)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、トーリヤン;香川、ワイグル、ゲッツェ;ヤルモレンコ、イザック、サンチョ(プリシッチ)