バイエルンのミュラーは待望の今季初ゴールを挙げてチームの首位奪還に貢献した
バイエルンのミュラーは待望の今季初ゴールを挙げてチームの首位奪還に貢献した
ブンデスリーガ

第14節の注目トピックス5選

開幕から快進撃を続けていたライプツィヒに土がつき、バイエルン・ミュンヘンが首位に再浮上。さらにはあの選手に待望の今季初ゴールが生まれてバイエルンにとっては二重の喜びとなった。残留争いに目をやると北ドイツの名門がそろってしぶとさを発揮。第14節の話題をさらった5つのトピックスを紹介する。

1)ミュラーがついに……

バイエルンのトーマス・ミュラーがウォルフスブルク戦でチーム4点目を決め、999分に及んだ連続無得点に終止符を打った。1000分の大台に乗る直前でのゴールに「次のゴールまでまた長い時間がかからないことを祈ってるよ」と照れ隠しのジョークを飛ばしたが、リーグ戦13試合ぶりとなる待望の一発に、カールハインツ・ルンメニゲ社長は「彼と賭けをしていたんだ。今日ゴールを決めるとね。多分それが刺激とモチベーションを与えたのだろう」と、独特の言い回しで称えた。

2)さすがロイス! 貴重なゴールを連発

2週間半前にカムバックしたばかりのマーコ・ロイスが、6位という不本意な順位につけるドルトムントを引っ張っている。マーセル・シュメルツァーが「チームの攻撃で最も重要な選手。とにかく桁違いだ。彼がずっとチームにいてくれることを願うね」とベタ褒めするパフォーマンスを披露。リーグ戦と欧州チャンピオンズリーグ(CL)の5試合で4ゴール6アシストと文句のつけようのない数字を残している。特に直近の2ゴールは試合終了間際に決めた貴重な同点弾。また、ケルン戦でのゴールは節目のリーグ戦通算50ゴール目だった。

- © gettyimages / Schulze
- © imago