Summary

  • ブンデスリーガ第11節、フランクフルト対ブレーメン
  • 今季未勝利のブレーメンは前節終了後にヌーリ監督を解任
  • 前節欠場のフランクフルト長谷部は先発復帰の見込み

10位のアイントラハト・フランクフルトが今季未勝利で監督交代に踏み切った17位のブレーメンをホームに迎える。ブレーメンはフローリアン・コーフェルト暫定監督の下で流れを変えることができるか。ひざの負傷で前節を欠場した長谷部誠は先発復帰が予想されている。

対戦データ&トリビア

  • ブレーメンは第10節を終えてわずか3得点。10試合消化時点でのブンデスリーガワースト記録を更新した
  • フランクフルトのセバスティアン・ハラーは今季すでに4得点。ブレーメンの得点数はたった一人の選手にすら及ばない
  • ブレーメンは前節のアウクスブルク戦で0ー3の完敗。アレクサンダー・ヌーリ監督の解任に踏み切った
  • 開幕から10戦未勝利はブレーメンにとってクラブ史上初。さらにシーズンをまたいで13試合勝利がなく、2012/13シーズンに記録したクラブワースト記録に並んでしまった
  • フランクフルトは直近4試合で2勝2分けと着実に勝ち点を稼いでいる
  • ブレーメンを率いていたヌーリ前監督の1試合平均勝ち点は「1.22」。一方、フランクフルトのニコ・コバチ監督は「1.30」と、クラブ歴代の指揮官の中でも高い数字を残している
  • ブレーメンのマックス・クルーゼは、ザンクト・パウリ、フライブルク、ボルシアMG、ウォルフスブルク時代を含め、フランクフルト戦で一度も勝ったことがない
  • フランクフルトのエイメン・バーコックは昨季第11節のブレーメン戦(A)でブンデスリーガデビューを飾り、90分に決勝点を挙げた
  • フランクフルトはブレーメンとのホームゲームで7戦無敗中(4勝3分け)
  • フランクフルトのケビンプリンス・ボアテングは、シャルケ時代の2013年11月にブレーメン戦で唯一のドッペルパックを達成している
  • 通算対戦成績ではフランクフルトが34勝20分け40敗と負け越している

予想ラインナップ

アイントラハト・フランクフルト(3ー5ー2)
フラデツキー;アブラハム、長谷部、ファレット;ウォルフ、ガチノビッチ、ボアテング、ステンデラ、ウィレムス;ハラー、レビッチ

ブレーメン(3ー5ー2)
パブレンカ;ベリコビッチ、サネ、モイサンデル;ゲーブレセーラシ、ユヌゾビッチ、デラネイ、カインツ、アウグスティンソン;クルーゼ、ベルフォディル