Summary

マインツ武藤、ドルトムント戦のMOMに選出

チームの残留を決定づけるゴール

ブンデスリーガの自身シーズンレコードを8に伸ばす

ブンデスリーガ第33節が5月5日に行われ、マインツのFW武藤嘉紀がドルトムント戦のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

先発した武藤は13分にデブラシスのセンタリングに頭で飛び込み、チームに2点目をもたらした。武藤はこれで今季8得点となり、ブンデススリーガでのシーズンレコードを更新した。また、武藤はこの試合トップの42回のスプリントを記録。競り合いでは57%の勝率をマークし、得点後は守備でも貢献した。

敵地で2ー1の勝利を収めたマインツは勝ち点を36に伸ばし、ブンデスリーガ2部との入れ替え戦に回る16位(ウォルフスブルク)との同差を6に広げ、最終節を前に残留を確定させている。

マッチレポートへ

© gettyimages / SASCHA SCHUERMANN