Summary

  • バイエルンがレアル・マドリードからハメス・ロドリゲスを獲得
  • 完全移籍のオプションがついた2年間の期限付き移籍
  • SNSで世界中に4500万人ものフォロワーを抱えるスーパースター

正真正銘の世界的スーパ―スターがブンデスリーガにやって来た。バイエルン・ミュンヘンは7月11日、レアル・マドリード(スペイン)からコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを獲得したことを発表。2019年6月30日までの期限付き移籍で契約には完全移籍のオプションが付いている。

ハメスのプライベートを4500万人が追いかける!

7月12日に26歳の誕生日を迎えたハメスは、レアル・マドリードではクリスティアーノ・ロナウドの陰に隠れがちだったが、その実力と人気に疑問を挟む余地はない選手である。昨季は公式戦33試合に出場して11ゴール13アシストを記録。コロンビア代表ではキープレーヤーとして活躍し、2014年のブラジル・ワールドカップでは6ゴールを挙げて得点王に輝いている。

インパクトという意味で、ピッチでのパフォーマンスに勝るとも劣らないのが、ハメスのSNSをフォローしているファンの数の多さだ。彼のプライベートを垣間見ることができるツイッターのフォロワーは1300万人。フェイスブックとインスタグラムではなんと3200万人ものフォロワーを抱えている。

© gettyimages

アンチェロッティ監督が熱望

今回の移籍決定をとりわけ喜んでいるのが、レアル・マドリード時代にもハメスを指導しているカルロ・アンチェロッティ監督だ。カールハインツ・ルンメニゲ社長は指揮官の喜びをこう代弁する。「移籍がまとまり、我々はとてもうれしく思っている。アンチェロッティ監督は、ハメス・ロドリゲスとともにマドリードで成功を収めており、彼の獲得を強く望んでいた」

新規ファンの獲得でフォロワー数アップ間違いなし

ハメスは今週末にもチームに合流する見込みで、中国とシンガポールへのブンデスリーガ・ワールドツアーにも帯同する。言うまでもなく両国でもハメスの人気は絶大で、現地のファンを大喜びさせるのは間違いない。もちろん、ブンデスリーガのファンにもすぐにその実力をお披露目してくれるはず。新たなファンの開拓によって、SNSのフォロワーは今後ますます増えていきそうだ。