Summary

  • W杯ロシア大会グループリーグ第1戦、コロンビア対日本
  • 香川、大迫のゴールで日本が2ー1勝利
  • コロンビアのハメスは途中出場も不発

FIFAワールドカップ・ロシア大会のグループH第1戦、コロンビア対日本が6月19日にサランスクで行われ、日本が2ー1で勝利した。

コロンビア 1ー2 日本

試合は開始3分に大きなターニングポイントを迎える。ロングボールを受けて裏に抜け出した大迫がペナルティーエリア内に侵入。シュートはGKに阻まれたものの、中央に詰めていた香川がこぼれ球をプッシュする。このシュートをたまらず腕でブロックしたC・サンチェスにレッドカードが提示され、日本にPKのチャンス到来。これを香川が確実に決めて日本が先制する。

© gettyimages / JACK GUEZ/AFP

開始6分で1点のリード、数的優位に立った日本は、堅実なパス回しと効果的なプレスで試合の主導権を握る。しかし、乾や大迫がシュートミスで追加点のチャンスを逃すうちに、コロンビアも徐々に反撃。単発ながら精度の高いカウンターを繰り出して日本ゴールを脅かしていく。そして39分、エリア手前で得たFKからキンテーロが壁の下を抜く技ありのシュートを沈めて同点。1ー1で後半へと折り返した。

それでも後半に入ると、数的優位を生かしてセカンドボールをことごとく回収する日本がゲームを掌握。54分にはエリア内で香川のパスを受けた大迫が反転から惜しいシュートを放つ。57分には乾が得意のカットインからきわどいシュート、60分にはセットプレーから吉田が頭で狙う。

さらに攻め続ける日本は72分、大迫のポストプレーからエリア内に飛び込んだ酒井が決定的なシュート。このチャンスは惜しくも相手DFのブロックに阻まれるが、このプレーで得たCKに大迫が頭で合わせてついに勝ち越しに成功する。

© gettyimages / JACK GUEZ/AFP

コロンビアも78分に途中出場のハメスが決定的なシュートを放つが、これは守備に返っていた大迫が決死のシュートブロックで阻止。その後は日本が丁寧にパスをつなぎながらゲームを締めくくり、欲しかった勝ち点3を手にした。

【得点】
コロンビア:キンテーロ(39分)
日本:香川真司(6分/PK)、大迫勇也(73分)

【ラインナップ】
コロンビア(4ー2ー3ー1)
オスピナ;アリアス、D・サンチェス、ムリージョ、モヒカ;レルマ、C・サンチェス(3分 退場);クアドラード(31分 バリオス)、キンテーロ(59分 ハメス)、イスキエルド(70分 バッカ);ファルカオ

日本(4ー2ー3ー1)
川島永嗣;酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都;柴崎岳(80分 山口蛍)、長谷部誠;原口元気、香川真司(70分 本田圭佑)、乾貴士;大迫勇也(85分 岡崎慎司)