Summary

  • W杯グループF最終戦、韓国対ドイツ
  • 韓国がロスタイムに2得点を決め勝利
  • 前回王者ドイツはグループ敗退決定

FIFAワールドカップ・ロシア大会グループF第3戦が6月27日にカザンで行われ、ドイツ代表は韓国代表と対戦し、0ー2で敗れた。この結果、ドイツのグループ敗退が決まった。

韓国代表 2ー0 ドイツ代表

出場停止のボアテングをはじめ、リューディガー、ミュラー、ドラクスラーに替わり、ズューレ、フメルス、ゴレツカ、エジルを第3戦の先発に起用したドイツは、序盤からボールを保持するも、アタッキングサードでは効果的な攻撃を構築できない。

すると19分、韓国がやや距離のある位置でFKを獲得しチョン・ウヨンが直接狙うと、ノイアーがファンブル。ソン・フンミンがこぼれ球に詰めたものの、ノイアーがわずかに早くボールをライン外へ弾き出した。

© gettyimages / Shaun Boterrill

さらに25分、イ・ヨンがクロスを放り込み、跳ね返されたところをペナルティーエリア右からソン・フンミンが強烈なシュート。しかしこれは枠の右上へ外れてしまった。

ドイツも33分、ズューレがグラウンダーの縦パスを入れ、ゴレツカがダイレクトで中央へ叩く。このパスを受けたロイスがドリブルで持ち上がり、正面約18mからフリーでゴールを狙ったが、DFにブロックされた。

© gettyimages / Catherine Ivill

同点のまま突入した後半も、主導権を握るのはドイツ。まずは48分、キミッヒが右から正確に放り込み、ゴールエリア手前の至近距離から完全フリーとなったゴレツカが頭で合わせるも、GKチョ・ヒョンウのファインセーブに遭う。

その3分後、ロイスとのワンツーでエジルが左サイド深くまで進みマイナス方向に折り返すと、待ち構えていたウェアナーが右足ボレーでシュート。だがボールは枠の左へ流れた。

68分には再びキミッヒの折り返しから、今度はゴメスが良いタイミングでゴール前に飛び込みヘディングシュートを放つが、GKの正面に飛んでしまう。

© gettyimages / Alexander Hassenstein

スコアレスで迎えたロスタイム2分、セットプレーのこぼれ球をキム・ヨングォンがゴールに蹴り込む。一時はオフサイドと判定されたものの、VARの結果この得点は認められ韓国がついに先制点を奪う。

さらに同6分、ノイアーが前線に攻め上がっていたため、韓国はカウンターからソン・フンミンがあっさりと追加点を決め、試合は2ー0で終了。前回王者ドイツは最終節で黒星を喫し、まさかのグループ敗退となった。

© gettyimages / Alexander Hassenstein

【得点】

韓国代表:キム・ヨングォン(90+3分)、ソン・フンミン(90+6分)
ドイツ代表:なし

【ラインナップ】

韓国代表(4ー4ー2)
チョ・ヒョンウ;イ・ヨン、ユン・ヨンソン、キム・ヨングォン、ホン・チョル;イ・ジェソン、チョン・ウヨン、チャン・ヒョンス、ムン・ソンミン(69分 チュ・セジョン);ク・ジャチョル(56分 ファン・ヒチャン※79分にファンはコ・ヨハンと交代)、ソン・フンミン

ドイツ代表(4ー2ー3ー1)
ノイアー;キミッヒ、ズューレ、フメルス、ヘクター(78分 ブラント);ケディラ(58分 ゴメス)、クロース;ゴレツカ(63分 ミュラー)、エジル、ロイス;ウェアナー