ロスタイムに2失点を喫した前回王者ドイツはグループ敗退が決定した - © © gettyimages / Alexander Hassenstein
ロスタイムに2失点を喫した前回王者ドイツはグループ敗退が決定した - © © gettyimages / Alexander Hassenstein

前回王者ドイツの落日、韓国に敗れグループ敗退決定

FIFAワールドカップ・ロシア大会グループF第3戦が6月27日にカザンで行われ、ドイツ代表は韓国代表と対戦し、0ー2で敗れた。この結果、ドイツのグループ敗退が決まった。 韓国代表 2ー0 ドイツ代表

出場停止のボアテングをはじめ、リューディガー、ミュラー、ドラクスラーに替わり、ズューレ、フメルス、ゴレツカ、エジルを第3戦の先発に起用したドイツは、序盤からボールを保持するも、アタッキングサードでは効果的な攻撃を構築できない。

すると19分、韓国がやや距離のある位置でFKを獲得しチョン・ウヨンが直接狙うと、ノイアーがファンブル。ソン・フンミンがこぼれ球に詰めたものの、ノイアーがわずかに早くボールをライン外へ弾き出した。

- © gettyimages / Shaun Boterrill
- © gettyimages / Catherine Ivill
- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © gettyimages / Alexander Hassenstein