ハインケス監督の就任後に3連勝を飾ったバイエルンは今季初めて首位に立った - © © imago / MIS
ハインケス監督の就任後に3連勝を飾ったバイエルンは今季初めて首位に立った - © © imago / MIS
ブンデスリーガ

ライプツィヒとの上位対決を制したバイエルンが今季初の首位浮上!

ブンデスリーガ第10節の2日目が10月28日に行われ、バイエルン・ミュンヘンがホームでライプツィヒに2ー0で勝利した。同日に行われたハノーファー対ドルトムントで首位ドルトムントが敗れたため、バイエルンは今季初の首位に立った。 バイエルン・ミュンヘン 2ー0 ライプツィヒ

25日のDFB杯で120分間の死闘を演じた両チームの2連戦セカンドラウンド。立ち上がりは互いにセットプレーからチャンスを作るなど、両者一歩も譲らない展開でスタートした。

しかし開始11分、試合の行方を大きく左右するターニングポイントが訪れる。ルディのスルーパスに抜け出したロッベンがペナルティーエリアの手前で倒されてFKを獲得。ファウルしたオーバンにはイエローカードが提示されたが、ビデオ判定の結果、「得点機会の阻止」と見なされてレッドカードに訂正された。

- © gettyimages
- © imago