Summary

  • 長谷部と鎌田のフランクフルト、2部ザントハウゼンと練習試合
  • トップ下でフル出場の鎌田が先制弾を含む2ゴール
  • 5ー3で勝利

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは11月10日、ザントハウゼン(2部)と練習試合を行い、5ー3で勝利した。

トップ下でフル出場の鎌田は16分に先制ゴールを決め、同点に追いつかれた10分後の37分にも逆転弾を記録している。試合後、ニコ・コバチ監督は「チームのトレーニングでゲーム形式のものを行うよりも、このような(他クラブとの)練習試合のほうが実りがありますね。5ゴールを決めることができて良かったです」とコメントした。

【得点】

アイントラハト・フランクフルト:鎌田(16分、37分)、ルゴタ(47分、77分)、ウィレムス(90分)
ザントハウゼン:ゼイヌラフ(27分)、ダグフォウス(75分)、リンスマイヤー(89分)

【アイントラハト・フランクフルトのラインナップ】

ツィマーマン;ダコスタ(63分 ウォルフ)、クノーテ、メドイェビッチ(63分 アブラハム)、バイロイター;ステンデラ、デグズマン(74分 ウィレムス);ブルーム、鎌田、ベズシュコフ;ルゴタ