香川のドルトムントはCLグループステージ第2節でレアル・マドリードと対戦し1ー3で敗れた
香川のドルトムントはCLグループステージ第2節でレアル・マドリードと対戦し1ー3で敗れた

ドルトムント、CL決勝T進出に黄信号

欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節が9月26日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは本拠地でレアル・マドリード(スペイン)と対戦し、1ー3で敗れた。 ドルトムント 1ー3 レアル・マドリード

立ち上がりはドルトムントが高い位置から積極的にプレッシングを仕掛け、レアル・マドリードのビルドアップを遮断する。しかし7分、モドリッチが中盤でタメを作り、前線にスルーパス。ロナウドが反応して抜け出すも、ビュルキがペナルティーエリアを飛び出し、これをクリアした。

10分には再びレアル・マドリードにチャンス。右SBカルバハルがオーバーラップし、ペナルティーエリア右に進入すると、トプラクをかわしてシュートを放つ。しかしこれも、ビュルキが素晴らしい反応を見せ、ゴールを割らせなかった。

その1分後、右のスペースに抜けたロナウドがクロスボールを入れ、ファーサイドにベイルが走り込むも、ピシュチェクがスライディングでクリア。ドルトムントは再三のピンチに見舞われる。

ドルトムントの決定機は14分、右のヤルモレンコが放り込んだセンタリングを、フィリップがファーサイドでシュート。だが、ゴールライン上でGKナバスとラモスにブロックされてしまった。

すると18分、カセミロが右にさばき、カルバハルがダイアゴナルにクロス。そしてペナルティーエリア左へ抜けたベイルがダイレクトでネットに突き刺し、レアル・マドリードが先制点を奪う。

さらに前半終了間際の45分、カルバハルとのワンツーでドルトムント守備陣をかわしたロナウドが、約13mの位置からシュートを放つ。しかし、これはポストの右へ流れている。