ドルトムントはロイスが2ゴール、サンチョが1ゴール2アシストの活躍。レーバークーゼンに4ー0の大勝を飾った - © gettyimages / Maja Hitij
ドルトムントはロイスが2ゴール、サンチョが1ゴール2アシストの活躍。レーバークーゼンに4ー0の大勝を飾った - © gettyimages / Maja Hitij
ブンデスリーガ

ドルトムント、レーバークーゼンに4発圧勝で3位浮上

ブンデスリーガ第31節2日目が4月21日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは本拠地でレーバークーゼンと対戦し、4ー0で勝利した。香川はベンチ外だった。 ドルトムント 4ー0 レーバークーゼン

ドルトムントが立ち上がりからボールを保持しつつも、最初の決定機を迎えたのは8分のレーバークーゼンだった。中央のブラントが左に展開し、アラリオがドリブルでペナルティーエリアに進入。左足を振り抜くも、ボールは力なく枠の右へ外れた。

ドルトムントも12分、ゲッツェの縦パスをロイスが受け左に流すと、フリーで受けたサンチョがゴールを狙ったが、GKエツチャンにブロックされる。

- © imago / Maja Hitij
- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Lars Baron
- © imago