Summary

  • ユーロ2024はドイツ10都市で開催
  • 会場となる10のスタジアムを紹介
  • 現在2部のケルンとハンブルクの本拠地も

欧州サッカー連盟(UEFA)は9月27日、2024年の欧州選手権をドイツで開催することを発表した。当サイトでは試合会場となる10都市のスタジアムを以下に紹介していく。

【オリンピア・シュタディオン】

クラブ:ヘルタ・ベルリン

収容人数:74,475

ブンデスリーガクラブが使用するスタジアムで唯一立ち見席がない。2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会のため2000年から2004年にかけて大規模な改修工事が行われた。陸上競技場も兼ねているためスタンドとピッチの間には、ヘルタのチームカラー青色のトラックがある。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Streubel / Getty Images

【アリアンツ・アレーナ】

クラブ:バイエルン・ミュンヘン

収容人数:75,000

スタジアム南側には5階建ての駐車場があり、乗用車9800台を収容可能。欧州で最も多くの駐車スペースを備えたスタジアムである。外観は2760枚の半透明の特殊フィルムで覆われ、もともとは青、白、赤のみに発光することができたが、2014年夏にLEDを導入したため、様々なカラーに変更可能となった。

【ラインエネルギー・シュタディオン】

クラブ:ケルン

収容人数:50,000

かつては「シュポルトパーク・ミュンガースドルフ」と呼ばれ、1923年にこけら落とし。1936年、ベルリンでオリンピア・シュタディオンがオープンするまでは、ドイツで最も大きなスポーツ施設だった。2004年1月31日に約30カ月かかった工事が終了し、現在の形になった。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber / Getty Images

【コメルツバンク・アレーナ】

クラブ:アイントラハト・フランクフルト

収容人数:51,500

1925年にオープンした最初のスタジアムから、現在のコメルツバンク・アレーナに至るまで、計3度の大規模な工事が行われた。元々は陸上トラックも存在していたが、2002年から2005年にかけて行われた改修時にそれらが取り払われ、サッカー専用スタジアムとなった。

© imago / Jan Huebner

【フォルクスパーク・シュタディオン】

クラブ:ハンブルガーSV

収容人数:57,000

1998年に始まった改修工事で陸上トラックが取り除かれ、サッカー専用スタジアムに。2001年以降は「AOLアレーナ」、「HSHノルドバンク・アレーナ」、「イムテック・アレーナ」と名前を変えてきたが、2015年7月からはかつての「フォルクスパーク・シュタディオン」に戻されている。

© gettyimages / Joern Pollex

【ジグナル・イドゥナ・パーク】

クラブ:ドルトムント

収容人数:81,365

最大の見どころは2万5000人近いファンを収容できる南側ゴール裏、通称“黄色い壁”だ。横幅は100m、高さも40mあり、最大傾斜はスキージャンプの滑走とほとんど変わらない37度である。ただし、欧州チャンピオンズリーグ(CL)など国際大会開催時には立ち見席が座席に変更されるため、南側ゴール裏の観客数も減少する。

© gettyimages

【フェルティンス・アレーナ】

クラブ:シャルケ

収容人数:62,271

ヨーロッパ最大の立方体電光掲示板を持つスタジアム。2016年夏には、以前と比べ倍近い大きさとなる305平方メートル以上のスクリーンに変更された。ロッカールームからピッチにつながるトンネルは、クラブと町の象徴である炭鉱をモチーフにしている。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber

【レッドブル・アレーナ】

クラブ:ライプツィヒ

収容人数:43,500

2010年6月までは「ツェントラール・シュタディオン」と呼ばれ、旧東ドイツ時代の1956年9月9日に行われたロタツィオン・ライプツィヒ対ロコモティフェ・ライプツィヒのダービーには10万人の観衆が集まった。また、その翌年の東ドイツ対チェコスロバキアの試合には、なんと11万人が観戦に訪れている。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Streubel

【メルセデスベンツ・アレーナ】

クラブ:シュトゥットガルト

収容人数:60,449

1933年に最初のスタジアムが完成して以降、これまで7回の改修工事が行われた。2006年のW杯ドイツ大会では、ドイツ代表対ポルトガル代表の3位決定戦の他、5試合を開催。近年では2009年から2011年にかけて、陸上トラックを取り除くための工事がなされ、それにともないピッチがこれまでより1.3m低い位置になった。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann

【メルクールシュピール・アレーナ】

クラブ:フォルトゥナ・デュッセルドルフ

収容人数:54,600

2009年から「エスプリ・アレーナ」の名称だったスタジアムが、今季から向こう10年間は「メルクールシュピール・アレーナ」に。観客席の上部には大量の暖房器具が取り付けられており、外気温が氷点下となった場合でもスタジアム内を約15度まで温めることが可能。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA