宇佐美は68分から途中出場。ボルシアMGに敗れたデュッセルドルフはDFB杯2回戦で姿を消した - © imago / Horstmüller
宇佐美は68分から途中出場。ボルシアMGに敗れたデュッセルドルフはDFB杯2回戦で姿を消した - © imago / Horstmüller

宇佐美は途中出場、デュッセルドルフ2回戦敗退

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)2回戦初日が10月24日に行われ、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフ(2部)は、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と本拠地で対戦し、0ー1で敗れた。宇佐美は68分から出場している。 フォルトゥナ・デュッセルドルフ 0ー1 メンヘングラートバッハ

現在ブンデスリーガ2部で首位を走るデュッセルドルフだが、地力で勝るボルシアMGが、序盤はポゼッションを高め、ボールを支配する。

ボルシアMGが迎えた最初の決定機は17分、ファーサイドに流れた右FKを、フリーで待つシュティンドルが至近距離からシュート。しかしDFボルムートのスライディングブロックが間一髪これを防いだ。

さらに21分と22分には、シュティンドルの落としからラファエルが、そして自ら持ち上がったザカリアが、それぞれミドルシュートでデュッセルドルフゴールを脅かすも、いずれも枠を捉えることはできない。

しかしここからデュッセルドルフの反撃が始まる。23分、ペナルティーエリア内のヘニングスが右のスペースに転がし、最後はツィマーがダイレクトで右足を振り抜いたが、ボールは枠の左に外れている。

続く33分、デュッセルドルフに最大のチャンス。ノイハウスが中盤で相手をかわすと、自陣から右のスペースへ絶妙のスルーパスを送り、ツィマーが抜け出す。しかしペナルティーエリア内に入ったところでDFに潰され、ボールを失ってしまった。

その2分後には、左のラマンがファーサイドへ巻くようなシュートを放つが、これはクロスバーをわずかに越え、外側のネット上部に当たった。

- © gettyimages / Lukas Schulze
- © gettyimages / Lukas Schulze