Summary

  • マインツがモナコからDFアブドゥ・ディアロを獲得
  • Uー21フランス代表ではキャプテンを務める
  • まだ21歳ながら国際舞台での経験は豊富

武藤嘉紀が所属するマインツがフランスのモナコからDFアブドゥ・ディアロ(21)を獲得した。クラブが5年の長期契約を結んだ188センチの大型センターバックは、将来的にチームの守備の中心を担うことが期待されている。21歳の新鋭について知っておきたい5つの項目を紹介する。

1)ポリバレントなセンターバック

マインツではニコ・ブンガートやアレクサンダー・ハックとのシビアなポジション争いに挑むことになるが、ディアロは本職のセンターバック以外に左サイドバックや守備的MFもこなせる器用な選手であり、サンドロ・シュワルツ監督にも重宝されることになりそうだ。もっとも、本人は入団会見の席で「ブンデスリーガは世界トップレベルのリーグの一つ。マインツでピッチに立つのが楽しみで仕方ない」とコメント。これはレギュラー陣への宣戦布告と受け取ってよさそうだ。

2)18歳でプロデビュー

ディアロは2013/14シーズンにモナコのセカンドチームで頭角を現すと、翌シーズンにトップチームに昇格。2014年12月14日に18歳の若さでリーグ・アンデビューを果たした。そのシーズンは出場機会が限られ、2015/16シーズンはベルギーのズルテ・ワレヘムへ期限付き移籍したが、武者修行先ではリーグ戦での欠場がわずか3試合とフル稼働。モナコに戻った昨季は、公式戦10試合に出場してリーグ制覇を経験している。欧州チャンピオンズリーグでも、グループステージのレーバークーゼン戦でフル出場を果たしている。

3)Uー21フランス代表キャプテン

Uー16から年代別のフランス代表でプレーし、現在はUー21代表のキャプテンを務める。2015年のUー19欧州選手権ではチームのベスト4進出に貢献。マインツで同僚となったジャンフィリップ・グバミンとは年代別代表でチームメートだった。グバミンは最終的にコートジボワール代表を選択したが、フランス中部トゥール生まれのディアロもセネガルにルーツを持ち、今後の選択に注目が集まる。なお、マインツには同胞のガエタン・ブスマンもおり、グバミンとブスマンは新たな環境に飛び込んだディアロにとって心強い存在となるはずだ。

© imago / PanoramiC

4)高い総合力を生んだ育成環境

ディアロは15歳でモナコに加入し、UEFAユースリーグのUー19カテゴリーにチームキャプテンとして参戦。早くから国際舞台で多くの経験を積んできた。空中戦に強く、スピードとビルトアップ能力を備え、クレバーさも持ち合わせる。若い時に受けた質の高い指導と豊富な経験によって、21歳ながら総合力の高いDFへと成長したのだ。また、ルーウェン・シュレーダーSDは、「目的意識をしっかり持っているし、キャラクターも素晴らしい」とその人となりも高く評価している。

5)未来への投資

マインツとディアロの契約は2022年まで。これはクラブが長期的な視野で投資していることの表れでもある。自身に興味を示すクラブが数多くあった中でディアロがマインツを選んだのは、しっかりと腰を据えて成長する場を求めたからこそ。マインツはディアロのみならず、レビン・オストゥナリ、グバミン、ハック、ロビン・クアイソンら多くの若手と長期契約を締び、将来的にチームの中心選手に成長してくれることを期待している。