シーズン前半戦、シュート数1位に輝いたのは? - © imago
シーズン前半戦、シュート数1位に輝いたのは? - © imago
ブンデスリーガ

前半戦「シュート数」トップ5

2017/18シーズンのブンデスリーガは現在ウィンターブレーク中。リーグ再開の1月12日まで前半戦の様々な数字をランキング形式で紹介する。第4回は「シュート数」のトップ5をまとめた。

5位:カイユビ(アウクスブルク)45本

9位という好成績でシーズンを折り返したアウクスブルクの好調を支えているのが29歳のカイユビだ。攻撃の中心として、やや深い位置やサイドから積極的にゴール前へ仕掛け、ここまで45本のシュートを記録。前半戦の自己ベストタイとなる4ゴールを挙げている。

- © imago
- © imago / Nordphoto
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Sebastian Widmann
- © gettyimages / Simon Hofmann
- © gettyimages / Matthias Hangst